PHPのバージョンを5.6にしてみた結果・・・

MacをYosemiteにアップグレードしたのを機会に、PHPを5.6にアップグレードしてみました。
そもそもXAMPPを最新版にアップグレードしたのですが、phpMyAdmin 4.4がチョー見にくくなっていて、ダウングレードしたいくらいです。

レンサバのPHPは推奨されている5.3にしておいたのですが、phpMyAdminが以前のままでちょっとホッとします。

phpMyAdmin4.4

 
phpMyAdmin 4.4はデザインが非常に悪くて、見慣れればOKとは言いがたいレベルです。
出来れば元のデザインのまま、機能だけアップグレードして欲しかったですね。

で、PHPをアップグレードした瞬間からエラーをたくさん吐き出すようになりまして、デバッグするのに丸1日かかりました。
今まで曖昧でもOKだった部分を厳密にしたようです。

例えばデフォルトでクッキーを読み込む設定にしていた場合、以前は初めてのアクセスでクッキーが空でも何も言われなかったのですが、きちんとif文でNULLを入れておかないとエラーを出されるみたいです。

これはおそらくその後のコードにもよります。
うちの場合はその後クッキーの値を変数に入れてゴニョゴニョしていたのでエラーになったのだと思います。
今まで意図的にスルーしてくれていたのですね。

その他、エラーとまでいかないような件を「NOTICE」でいろいろ文句を言われるようになったのですが、ちょっとウザいだけかもしれません。
これをすべてなくすのはかなりの手間を要します。

例えば変数を設定しておいてその変数の値があったり、なかったりする場合、MySQLでINSERTしようとすると「変数が空だよ」と一々注意されます。
以前は何も言われず、空のままINSERTしておいてくれたのですが。。。

テスト環境でしっかりデバッグしてからでないと、本番を5.6へ移行は絶対にしてはいけないと思います。
ちょっとメンドクサーです。

自分はやりましたけど、仕事だったらこうはいかないかもしれません。

500 Internal Server Errorの原因と対処法

「原因は特定できないがとにかくエラー」系のやつです。
よく格闘するのですがその度に対処法を忘れるので、自分のためにもヒントの一つをしたためておきます。

今回はMySQLにアクセスするときのMySQLユーザ名が間違っていたという単純なミスでした。
パスワードとホスト名と、よくやります。
まずはそこから見直すとよいかと。

Google先生に聞くと「文字コードが違っている」という理由を挙げる方がとても多いのですが、自分は文字コードが原因だったことがありません。
たいていホスト名などの単純ミスです。
うちのレンサバは「ホスト名」という項目が2つあるのでよく混同するのですよ。

以上、忘れた頃に繰り返しやってくる、あるある系エラーのお話でした。
 
 
追記:
MySQLで2万レコードを一気にINSERTしようとした時に、またこのエラーに遭遇したのですが、原因は間違いなく処理が重すぎたせいだと思われます。
メモリ不足もあるかもしれません。
INSERTするレコードを2000くらいに小分けにしたら問題なく処理を終えました。

おそらく他にもいろいろあると思うので、またこのエラーに遭遇したら書いておきます。
 

ドメイン取得、価格や業者、whois情報代理サービスって?

取得する度に設定の仕方を忘れてしまうドメイン取得。
開発した後の話ですが、自分サイトだとやりたくなりますよね。
ちょうど昨日このドメインを取得したので、そんな話を書いておきます。

ドメイン取得代行業者はたくさんありますが、お名前.com、ムームードメイン、スタードメイン辺りがメジャーですかね〜。
自分はプライベートで2つ所有していますが、2つともお名前さんでした。
理由は単に一番安かったからです。

取得方法はとても簡単です。
お名前.comなどに登録して、クレカなどでお金を払って、レンタルサーバー側とお名前さんと、両方設定して終了です。
自分は“両方”というのをいつも忘れて、片方だけで待ちわびてしまいますw

購入後、お名前さんにログインし、レンサバのネームサーバーを設定します。
レンサバもログインし、「ドメイン設定」というところがあると思うので、そこで取得した独自ドメインを設定しておきます。それだけ。

で、忘れちゃいけないのが、個人で取得する場合、whois情報公開代理サービスをいっしょに申し込むこと。
ドメインを申し込む時、オプションで無料で申し込めるようになっています。

これを忘れると自分の本名、住所、電話番号が全世界に流れます。
whois情報はいろんなミラーサイトにコピーされるので本当に要注意ですよ。
代理サービスというのは、そのwhois情報に代行業者の名前、住所、電話番号が載るので個人情報を守れます。

ドメインの価格ですが、comで大体500円〜1000円くらいをウロウロしている感じです。
co.jpとか.jpは企業で取る人が多いのでいつでも高いですが、comは時期によって価格が倍違うので、開発している間、安い時に取っておくのがベストです。

ちなみに2013年10月に取得したcomドメインはお名前.comで480円でした。
今(1月)だと920円です。
倍じゃないか!? と思ったのですが。。。

でもドメインは一度取るとずっとそれを使っていかねばならないので、あまり価格で妥協せず、ドンピシャな名前を取るほうがいいとは思います。

ドメインを取るなら、
お名前.com

一応前もって値段の比較をするなら、
ムームードメイン