住所から標高を調べる

住所から標高を調べるツールをPHPで作りました。

→住所から標高チェック

先日、なんとなく標高を調べていたのですが、標高チェックサイトで自宅を調べると「標高5m」と出てきました。
しかし、自宅近くの駅に「標高1.6m」と書かれていたのを思い出し、坂道はないのに値がおかしいとフと疑問に思いました。

標高を調べるサイトを検索してみると、Google MapのAPIを使っているサイトがほとんどで、そこでは「標高5m」と表示されます。

ところが国土交通省の国土地理院のサイトで調べると、やはり自宅の標高は1.9mでした。

災害の備えをするうえで5mと1.9mでは差が大きすぎます。
Googleと国土地理院はどうやって標高を調べているのでしょうか。

Googleはお得意の衛星写真から割り出す方法、国土地理院は航空レーザー測量、もしくは写真測量、あるいは等高線のいずれかの値だそうです。

どう考えても国土地理院のほうが正確です。
というわけで、不動産購入をお考えの皆様で標高が気になる方は、データの出処に注意しましょう。

技術的な話をすると、普通はJavaScriptで作ると思うのですが、それだと他のサイトと同じになってしまうと思い、うちではPHPで作ってみました。

PHPのほうが簡単です・・・。


追記:2020年1月12日

Google Maps APIが有料となり、表示されなくなっていたことに気付きました。

Googleの地図自体は表示されるのですが、緯度経度を取得できなくなっていたので、Yahoo!ジオコーダAPIに変更しました。

標高のデータは国土地理院のままです。

ですので複雑ですが、地図そのものはGoogle、住所から緯度経度を取得しているのはYahoo!ジオコーダAPI、標高は国土地理院のAPIから取得しています。
 

気がつけば自分もプロのエンジニア

プログラマーとしてお金をもらうようになって1年が経ちました。

自分がプログラマーになる前にいろいろ悩んだ疑問があったので、これからプログラマーになりたいと思う人のためにも、ちょこっと体験談を書いてみようと思います。

自分はHTMLのコーダーからこの仕事を始めて、デザイナー → ディレクター → 企画 → プログラマー と変わってきたのですが、プログラムはデザイナーをしていた頃にJavaScriptを書いたのが始まりでした。

でもその頃は苦手意識が強く、プログラムなんて超頭のいい人間しかできないと思っていたものです。

なぜ頭のいい人間しかできないと思い込んでしまったのか?
自分がデザイナーをやっていた頃、プログラマーは頭のいい理系の人間しかいなかったので、そう思い込んでしまったんですね〜。

プログラムはもうすぐ義務教育となり一般教養となります。
文系理系、男性女性、年齢関係なく誰でもできますし、数IIや物理より簡単だと思います。

でも素養が必要になります。
もっと言うと向き、不向きがハッキリ出ます。

バグのないプログラムは存在しないと言われますが、複雑で長いプログラムを書いていると、当然のようにたくさんのバグを作り出していきます。
ある程度仕上がった後、その見えにくいバグを探すことと直すことに、とても労力を費やすことになります。

その時必要なのが忍耐力と最後まで諦めない粘り強さです。

これがある人はプロのプログラマーになれますが、ない人には無理です。

昔、はじめにどの言語を勉強すればいいのか悩み、Javaの本を買ってきて2読しましたがまったくわかりませんでしたw
今思うと初学にJavaは適さないと思います。

プログラムはPHPから始めると楽で楽しいと思います。
WEBだと環境構築が楽ですし、PHPは日本語の情報が溢れ、とっつきやすくて簡単です。

PHPを勉強するとSQLやJavaScriptも勉強しようと思うようになるので、その後が続きやすいです。
ただしPHPのフレームワークはほぼすべてゴミと化すので後回しにしておいたほうがいいと思います。

JavaScriptを勉強すれば他の言語への敷居が低くなり、スンナリ入っていけるでしょう。

逆に最初にクセの強い言語から入るとその後が続かなくなると思います。
個人的にはVisualBasicとかですね。
他への応用が効かないですし、Windowsに限られてしまいます。

ちなみに最近のプログラマーはMacを使う人が多いです。
なぜならMacはUNIXマシンなので簡単にサーバーを構築することができるからです。

Javaをやる人は多いと思いますが、今年から有料化となり未来がありません。
COBOLのような化石の言語になるのは必至なので、もはや避けておいたほうがいいです。

Javaはそれ一つでMac、Windows、PC、スマホ、WEBと全部抑えられたのですが、今後はKotlinがそれに代わると思われます。
Go言語とKotinで迷っているなら迷うことなくKotlinをおすすめします。

でもKotlinはまだAndroidアプリくらいしか実用性がない段階なので、やはりWEBまわりで遊んでいたほうが楽しくて勉強になると思います。

とくにJavaScriptはもはやスクリプトとは言えず、サーバーサイドやフレームワークなど、抑えるべき点がたくさんあるので良い入口になると思います。

Apple「セキュリティ質問をリセットできません」が出る

元々は登録していたクレジットカードを解約してしまったのでそろそろ変えるか、と思い立ったのが始まりでした。
Apple IDで使用していたメルアドも変更していたので、ついでに変えようと思い事件は起こりました。

結論から言うと、タイトルのアラートが出続ける場合は、ロックされているのでAppleサポートに電話するしか手立てはありません。
サポートのネーサン親切だから大丈夫です。

ただし、自分の場合iPhoneではなくてMacBook Proを使っていたのですが、ネーサンにリモートで操作して頂くことになります。
恥ずかしいデスクトップにしている方は、すぐに無地に変えるなりしておかないと恥ずかしい思いをしますw

自分が行った手順です。

(1) iTunesの「マイアカウントを表示」でApple IDに使用していたメルアドを変更しようとした。
 IDとパスワードは通りました。

(2) ブラウザでappleid.apple.comの「Appleアカウントの管理」に飛ばされた。
 ここもIDとパスワードは通りました。

(3) その次で問題発生。
「次に進むにはセキュリティ質問に答えてください。」と出たので入力してもはねられてロックされました。
10回以上は間違えたと思います。

(4) 8時間後入力してもロック。

(5) 一週間後入力してもロック。仕方ないのでサポートに電話しました。

(6) 電話では、そもそもApple IDに設定しているメルアドを変更したかったが、「セキュリティ質問をリセットできません」で画面が止まってしまう、という話から始めました。

ここでまず言われたのが、Apple IDを変えるとなると新しいApple IDに今までのデータが紐付かなくなるので全部消えます、との案内。

発狂して「今までiTunes Storeで買った音楽が無くなるのは困る!」と言ったところ「できる限りのことはします、15分〜20分くらい時間はありますか?」との返答。

普通ならここで本人確認してリセットして終了だと思うのですが、Apple様の場合そうはいきませんでした。
とにかく根掘り葉掘り聞いてきます。

まずどうやって、どういうメッセージが出たのか全部説明させられます。
んで、「セキュリティ質問をリセットできません」がなぜ出たのかも言わされます。

30分くらいスッタモンダやってからサポートのネーサンがパソコンを乗っ取る言い出して、アプリをダウンロードさせられて、いろいろ入力させられて見事に乗っ取られます。

そこで例の画面が出るまでを再現させられた後、本人確認ということでセキュリティ質問の質問と答えを口頭で伝えます。
すると自分のときは全部はねてたくせに、サポートのネーサンが入力するとスンナリと通ってしまい、セキュリティ質問のリセットができてしまいました。

そして新しいセキュリティ質問を設定して、メルアドを変えるところまで一緒にやって終わりです。
1時間もかかりましたよ!!!w

 
まず、自分がセキュリティ質問を入力したときになぜはねられたのかですが、当然Apple側でロックをかけているのでサポートに電話しないと解除できません。
本人確認はまんまプライバシーな事柄になるので、変な回答にしている人はもうそのApple IDはお捨てなさい。

以前会社のMacBook Proが故障したとき、サポートに電話したらPCのログインIDやパスワードも平気で聞いてくるので、Apple周りは変な単語にしていると恥ずかしい思いをすると思います。

ただ一つふにおいちないのは、IDとパスワードはわかっているのに、なぜわかりにくいセキュリティ質問がないとメルアドすら変えられないのか。
セキュリティ質問というのはIDとパスがわからなくなったときのための救助策ではないのか、Appleもかつてのマイクロソフトのようになってしまい残念だな、という気持ちでいっぱいになりました。

Touch Bar付きのMacBook Proはオススメできない

先日会社で新しいMacBook Proを購入して頂きました。
Touch Bar付きのアレです。

とても使いにくいので、アポーの中の人にこの記事を読んで頂ければ幸いです。

IIciの頃からMacを知るものとして、ジョブス亡きアポー製品には悲しみと怒りしか湧いてきません。
ジョブスが存命なら、このMacBook Proの体たらくを見てさぞや発狂したことでしょう。

 
【不満 1】

考え事をしている時にTouch Barに触れてしまい、知らず知らずの間に音量がMAXになっていたりする。
そして大声のSiriの案内に開発チーム全員がビックリする。

Touch Barは押した感がない上に過敏に反応してやっかい。
イラネ。

おせっかいSiriもイラネ。

 
【不満 2】

Fキーはやはり便利で必要、Fキーをなくすな。
設定でTouch BarをFキーにするにしてもFinderなどはできない、不便。

 
【不満 3】

電源ボタンを付けれ (゚Д゚)ゴルァ!!

たしか伝記本でもジョブスは「電源ボタンは特別」と言っていた気がス。

電源をOFFにしてから、画面を拭こうとかいろいろあって蓋を開けると勝手に電源が付いてしまう。
起動するのを待って、また落とさないといけない。

とても不便。

スリープから起きなくなって固まってしまった時に、蓋を開けたり閉めたり確認するのがマヌケ。

昔のまん丸の電源ボタンが恋しい・・・。
MID 2014みたいなキーボードの一部が電源ボタンなんてあり得ない。

この電源ボタンレイプをしでかした人の顔を見てみたい、許せない。

 
Touch Barとは関係ないですけど、最近のノートブック型MacBookは値段が高過ぎですね。
今時一番安い機種(13インチ!!!)で15万円とかボッタクリですよ。
せいぜい9万円からでしょ。。。

15インチで28万円なんて、個人では手が届かない。
これじゃ自宅でお勉強ができない。
Touch Barなんていらないから値段を下げろ。
 

フリーランスになって青色申告の準備をしてみました

自分はこのほどフリーランスのプログラマーになりまして、ここ数ヶ月その準備を着々と進めていました。

フリーランスになってから青色申告の流れまでは、割とたくさんネットに記事が転がっているのですが、それでもわからない部分があったのでそこだけピックアップしてみました。

フリーになるときの大雑把な流れですが、

 → 在職中にクレジットカードを作り、ローンを組んでおく
 → 開業届と青色申告承認申請書を提出
 → (専用の銀行口座を作る?)
 → 青色申告用クラウドサービスに登録
 → 取引を入力
 → 毎年3月に確定申告

こういった説明は山ほどあるのですが、実際にやってみるとわからないことだらけで手探りで始めた感じです。

 
(1) 在職中にクレジットカードを作り、ローンを組んでおく

よく聞く話ですが、個人事業主はクレジットカードを作ることが難しくなりますし、ローンも組めなくなります。
ですので在職中に済ませておくことが肝心です。

最近はアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのようなビジネス専用のカードもありますが、限度額を辛口にされてしまうので、自分は一般カードを新たに2枚作っておきました。

退職する1ヶ月前と1週間前に申請して作れちゃいました。
年会費は経費で落とせるそうです。

 
(2) 開業届と青色申告承認申請書を提出

いろいろブログを見ていると、わざわざ税務署に行かれる方が多いのですが郵送でOKです。

国税庁のサイトからPDFをダウンロードして、AdobeReaderでファイルを開けると入力ができるようになっています。
開業届は入力したら控えも印刷できるようになっているので簡単です。

青色申告承認申請書は控えはありませんが、自分は一応同じものを2枚印刷して管轄の税務署に送っておきました。

切手を貼った返信用の封筒を同封しておけば、1週間くらいで確認印が押されて戻ってきます。

 
(3) 専用の銀行口座を作る?

開業届は専用の銀行口座を作るために必要な書類との情報が多いですが、個人事業主の場合、青色申告承認申請書を出すために必要なのであって、専用の銀行口座は必要ない場合が多いと思います。

なぜかというとレバテックのようなエージェントを使って派遣のようなスタイルのフリーランスになる場合、お金の出入りはそれほど多くないです。
今はソフトで簡単に帳簿を付けられるようになっているので、専用の口座の必要性を感じませんでした。

なので、開業届も青色申告承認申請書も、自分にはただの控えとなりました。

ちなみになぜ青色申告にしないといけないかですが、65万円の控除を受けるために必須です。

 
(4) 青色申告用クラウドサービスに登録

自分はあまり知識がないので素直にやよいのクラウドサービスに登録しました。
やよいはクレジットカードの明細を自動的に持ってきてくれないので、ほかに「Zaim」というサイトにも登録しました。

Zaimの他にもいろいろな連携サイトがあるのですが、それらを何に使うのかが最初いまいちよくわかりませんでした。

Zaimはクレジットカードや銀行口座の明細を自動的にやよいに送ってくれます。
メジャーなクレジットカードは大体対応しているようです。

やよいは銀行口座の明細を自動的に取り込むことはできるのですが、クレジットカードはまだ自動で取り込むことができません。

そのうちできるようになりそうですが。。。

そこでZaimに登録すると、煩わしい入力をせずに自動で明細を取り込んでくれるので便利、というだけです。
手で入力しても構わないです。

自分は忘れそうなので紐付けておきました。
毎月ログインしていればZaimは無料です。

他にもスマホ用アプリなどもあるようですが、Macユーザーは必然的にZaimになるようです。

現時点でやよいもZaimも三菱東京UFJ銀行はエラーを起こしてしまって、明細を自動的に落としてくることが出来ていません。
そのうち解決しそうです。

それとプライベートで使っている銀行口座を仕事にも使って何か問題があるのか? とずーっと疑問に思っていたのですが、取り引き項目が少ない自分のような人は個人の口座でとくに問題はありません。
関係ない取り引きはソフト側で簡単に削除できるようになっています。

またプライベートの口座を申告する必要も、やよいに登録する必要もありません。
仕事よりプライベートの使用率が高ければ登録する必要はないとのことです。

 
(5) 青色申告用クラウドサービスに登録

やよい以外にもあるようですが、最初の1年間は無料だったので自分はやよいにしました。
来年からは8,640円取られるそうです。
仕事だと思うとそれほど高価には感じません(どうせ経費ですし)。

 
(6) 取引を入力していく

後はひたすら取引を入力するのですが本当に簡単です。
わからないという方もいましたが、おそらくそういった方は普通の会社で会社員をしたことがないのだと思います。

会社員をしていると交通費とか経費の精算をしますし、白色申告を一度でもすればパソコンは減価償却資産だとすぐにわかると思います。
そういう経験がない人には項目がどの種類なのかがわからなくてハードルが若干上がるのかもしれません。

自分のように在宅中にも仕事をしていると家賃の一部を経費にすることができます。
部屋の広さに対する仕事場、例えば机の広さの割合になりますが、家賃全額を毎月登録しておけば、何割使用したのか3月の確定申告時に入力する欄があるので、後は自動で計算してくれます。

レシートはスマホのカメラで撮影して簡単にやよいに取り込めるようになっています。
紙で残しておく必要はありません。

本当に便利な世の中になったものです。

実際の青色申告ですが、月に一度、月末にでもやよいに入力をして溜めておき、毎年3月に印刷して郵送すれば終わりって感じでとても簡単だと思います。

それから、やよいは解説Mookを毎年出しているようなので、自分はこちらを参考にしました。