Adsense:代替広告ってなに?バナーが表示されない時の対処法

アマゾンAPI(AWS)の記事を書いた時に、アダルトアダルトと連発したせいか、GoogleAdsensのバナーが表示されず、黄色の■が表示されるようになってしまいました。

そう言えば、Adsenseの設定で「代替広告」というのを設定できたよな〜と思い出し調べてみると、

———————————————-
代替広告は、Google で関連する広告を掲載できない場合に表示する広告です。
デフォルトでは空白が表示されます。
他の URL のディスプレイ広告や無地一色を表示することもできます。
———————————————-

とのこと。
たしかにURLを設定できるようにはなっていました。

でもバリューコマースやリンクシェアのコードは1行のURLだけじゃ済まないので、どうするんだろうと思ったら、テキストファイルにすればいいのだそうです。

まず代わりに表示させたいバナーのコードをASPからコピーしてきます。
それをテキストファイルに貼り付けて、拡張子をhtmlにして保存し、自分のサーバーにアップします。
バナーの大きさはなるべくAdsenseと同じにします。

そのサーバーのHTMLファイルをブラウザで表示し、正しいURLをコピーしておきます。
Google Adsenseの設定画面で、

adsense_cap-1

代替広告欄のプルダウンから「他のURLの別の広告を表示」を選択します。
するとURL入力欄が表示されるので、そこに先ほどサーバーにアップしたHTMLファイルのURLを貼り付け、設定を保存します。

ブログに反映されるまでに若干時間がかかるようです。

それと表示されたはいいけど、バナー画像の大きさが合わなかったり、表示に一瞬時間がかかる場合など、うちの場合背景に黄色い■が現れます。
これはこちら側のCSSを直せばいいので、WordPressのtwentyelevenなら、

wp-content > themes > twentyeleven > editor-style.css

ins{
	background: #fff;/*#fff9c0から自分のブログの背景色に変更*/
	border: none;
	color: #333;
	text-decoration: none;
}

とするだけで黄色は出なくなります。
今のところ代替バナーは問題なく表示されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください