電子書籍業界の裏話 その5 なぜ取次ぎ業者はなくならないのか

元書店員が告白する電子書籍業界の裏話シリーズ、前回の続きです。
出版業界には、
著者 > 出版社 > 取次ぎ業者 > 書店
という業界構造があります。
せめて、著者 > 出版社 > 書店でよくね?
取次ぎ業者なんかあるから電子書籍の値段が安くならないんじゃないの?
取次ぎ業者なんていらない

というご意見もあると思います。
自分もこの業界に入る前はそう思ってましたけど実はそれは間違いで、そのヒントは前回の記事の中にあります。

デジタル化はとても手間がかかるのです。
書店乱立で出版社も各書店にいちいち何TBものデータの受け渡しなんてやってられません。

デジタルデータの作成だけではないのです。
出版社は売上げデータを算出して、各著者に売上げの一部の支払いをしないといけません。
小説や絵本なんて著者だけではなくてイラストレーターさんもいるし、料率はバラバラだし、その作業は膨大なのです。

出版社が一番やりたいことは書籍を作ること、編集がメインです。
なので出来れば各書店でどれだけ売り上げたかの管理なんて、一括して別のところでやって欲しいのです。
それを取次ぎ業者が代行しています。

取次ぎ業者はファイルの一括管理も行なっています。

出版社にデジタル化をお願いしても時間がかかってなかなか進みません。
そこで取次ぎ業者がデジタル化の代行も行なっています。
エロマンガの白ベタを入れたりもしているんですよ。

乱立する書店ですが、実は書籍を購入すると、別の書店であっても同じ取次業者のサーバーからダウンロードしていたりするんです。
hontoで買ってもSonyReaderで買っても中身は同じだったりします。
ユーザーさんは知らないうちに取次ぎ業者を使っているんですね〜。

なので取次ぎ業者なくして、今はまだ電子書籍は成り立たないのです。

取次ぎ業者を介していない電子書店はeBookJapan、Renta、Kindle、BookLive(取次ぎ業者ビットウェイと統合)くらいですかね。
他は取次ぎ業者のモバイルブック・ジェーピー(大日本印刷)、ビットウェイ(凸版印刷)、メディアドゥ辺りからデータを分けてもらっているはずです。

これを知った時自分は 工エエェェ(´д`)ェェエエ工 って感じで驚きました。

追記:
※ビットウェイは凸版から離れて出版デジタル機構に買収されました。
 ただしBookLiveとの関係は以前のまま続いています。
 ですので現在のBookLiveは取り次ぎ業務は行っていないようです。

書店は配信したい作品のデータがない場合はデジタル化を代行することもあります。
でも同じマンガや本を、別々の書店でデータ化するなんて効率が悪いですからね、取次ぎ業者が一括して管理したほうが絶対に効率がいいと思います。

というわけで、中抜きすると手間の面で辛い人がたくさん出てくるわけです。
これらは電子書籍の値段を下げられない理由の一つとなっています。

それにしても一冊単価が高い本てありますよね、スティーブ・ジョブズ伝記本とか。
あれは単に講談社のボッタクリだと思います。
たぶん最初の見積もりであそこまでヒットするとは思っていなかったのではないかと。

書店は勝手に値段を下げられません。
出版社との契約があるからという理由もありますが、そもそも今のままですでに赤字なので下げられないです。

そこら辺は次に解説します。

追記:
2013年の夏くらいにKindleが一斉に価格を下げた影響で、他の書店も価格を一斉に下げました。
ちなみにアマゾンは日本に税金を納めていないので消費税分安いです。
大手出版社の間では、本来価格は市場の原理で動くものであるから、一律定価ではなくて、あるべき姿に近づくのは時代の流れだと自覚しだしたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください