Kindleとkoboの使い心地 〜電子書籍に適した端末は?

電子書籍関連の仕事に戻ったのでいろいろな端末に触れる機会があるのですが、タブレットはKindleとkobo“以外”がおすすめです。

個人的には文字モノはスマホ、マンガはNexus7などの普通のAndroidタブレットがおすすめです。
ここにきてiOSに対応しない事例が出てくるようになってきたので、やはりAndroidが優勢ですかね。

大きさですが、タブレットならせいぜい7インチまでです。
それ以上大きいと片手で持てなくなるし、なにより重くなります。

Kindleとkoboは機能が制限されていて使いにくいです。
Kindle信者の皆さんはよくこれで本が読めるな〜と感心するのですが、以前書いたとおり自分の周りのKindlerさんたちは早々にポイしてました。

Kindleを買う人達は読者というよりガジェットオタですね。
Kindlerに共通しているのはiPhone→iPad→Kindleという順番で購入している点です。
iPhoneでもiPadでも本は読めると思うのですが。。。

以下個人的な使い心地です。
あくまで主観ですので参考までにどうぞ。

Kindle Fireは重いです。
初めてiPadを持った時と同じ印象で、鉛を持ったみたいでした。
片手だけで読むのは無理な重さです。

まぁ、一昔前のバッテリの重さがズシリとくるわけですな。
今のAndroidタブレットは軽くなっているので、タブレットを購入するときは必ず店頭で実際に持って、触ってみることをおすすめします。

ページ送りのカクつきが本を読む際に一番気になるところですが、Kindle Fireはけっこう遅いほうだと思いました。
タブレットは日進月歩なので最新のほうがカクつきが少ないかと。

そしてKindle Fireは熱いです。 ←これ大事

検証用に使っているので全ページをめくったりするのですが、熱くて真夏は辛いだろうなと思いました。
真冬ならいいのかも。

充電しようとパソコンに繋げて使っていたのですが一向に充電出来ず、調べてみたらそういうものらしいです。
この時点で普通のAndroidタブレットのほうが断然使いやすいと思いました。

パソコンからデータをコピーしても、そのファイルがどこにいったのかがわからず確認しにくいです。
初めてのタブレットならいいのかもしれませんが、Androidスマホに慣れている自分としてはとても使いにくい印象でした。

と、ここまで書いてアマゾンのレビューを読んだら、同じ感想の人がけっこういるようなので、Kindle購入を検討している方はアマゾンのレビューにも目を通すことをおすすめします。

Kindle PaperwhiteはKindle Fireに比べたら軽いですけど、マンガが全部モノクロになってしまうので、画質の面で不満が残ります。
文字モノを読むにしても、とくにスマホより見やすいということもなく、スマホを持っている人がわざわざKindleを買う理由が見つかりませんでした。

正直、スマホのほうが文字がクッキリしていて見やすいと思います。

「PaperWhiteは目が疲れない」という人もいますけど、個人的には疲れ方はスマホと変わらないと思います。
紙だろうが、電子ペーパーだろうが、液晶だろうが、4時間もぶっ通しで読めば誰でも疲れるものです。

最近、仕事で8時間もパソコンの液晶画面を見つめていても、それが原因で「疲れる」という人は少なくなりましたよね。
要は慣れです。

koboですが、買って1ヶ月で捨てた人の気持がわかりました。
カクカクするというより、ほとんど故障のレベルです。
ページをめくる度にいちいち色が反転するところが、投げつけてブっ壊したくなる衝動に駆られます。

gloはかなりマシになったらしいですが、koboだから見やすいという点はとくに見つかりませんでした。

 
電子書籍は手持ちのスマホで書店アプリをダウンロードして読むのが一番いいと思います。
Kindleビューワーもkoboビューワーも、無料でスマホにダウンロードすることはできます。
ただし他の書店に比べて使い勝手はかなり悪いです。

 
昨日、ちょうど電車の中でiPhoneで本を読んでいる50代くらいのおじさんがいたのですが、後ろから覗いていたら綺麗で見やすかったですよ。
自分はAndroidスマホなのですが、同じように綺麗で見やすいです。

スマホのいいところは片手でつり革を握り、もう片方の手だけでスイスイページをめくって読めるところです。
スマホは小さいから「字が小さい」と言う人がいるのですが、設定で文字を大きくすることは可能です。
マンガも、文字が小さい部分は拡大することができるので不便さは感じません。

タブレットだと両手を使わないとページ送りができないですよね。
koboやPaperWhiteは小さいから「片手でできそう」と思われるかもしれませんが、それでもサイズは大きいのでどうしても重くなります。
実際にはあの大きさ、あの重さで長時間片手でずっと読み続けるのは無理だと思います。

やはり片手にスッポリおさまり、軽いスマホが一番読みやすいと思います。

仕事で生々しい数字を見ることができたのですが、一番売れている書店はやはりeBookJapanでした。

前にも書いたとおり、電子書籍に慣れている人が使っている書店はeBookJapanとBookLive!です。
マンガはeBookJapan、文字モノはBookLive!が、質・量ともに一番オススメです。
あと女性向けのマンガが充実している電子貸本Renta!は量の面で不満は残りますが、質の面では優れています。

無料立ち読み版でビューワーを比べてみれば一目瞭然ですが、Kindleとkoboはビューワーがまだ全然ダメダメなのでおすすめ出来ません。
ハードのほうで購入を考えている人は、必ず店頭で一度手に取って見てから考え直した方がいいです。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください